価格を知る

作業者

化粧ブロックと比べると、1平方メートル当たりの増加額は僅か

外構の塗り壁は、昨今の一般的なやり方はブロック塀を積んだ上で、その外側を塗り壁で塗るというやり方です。まずは下地にモルタルを塗り、その上に塗り壁を吹き付けるという作業になります。 土台となるブロック塀に塗り壁を施すための費用は1平方メートル当たり1万円弱が間違いのない平均的な価格です。この費用を単純なブロック塀で外構を構えるための価格にプラスオンすれば、塗り壁で外構を構築するための費用が算出されることになります。 一般的にブロック塀で外構を構える場合、普通のデザイン性のないブロックで構成するケースは昨今ではまれです。デザイン性があったり、色が塗られている化粧ブロックを使用することが一般的です。そうすると、普通のブロックとの差額分、費用が増えます。化粧ブロックでブロック塀を構成するのと塗り壁とでは、この化粧ブロックと普通のブロックの差額と塗り壁を普通のブロックに施す費用との差となります。従って、化粧ブロックでブロック塀を構成する場合と比べると、狭い面積であればあるほど、それほどの金額面での差は生じないのです。

見栄えの重厚感が塗り壁の魅力

塗り壁の外構の魅力は、一つには重厚感や高級感です。そしてもう一つがカラーバリエーションの自由度の高さです。 住居の外観は、どれだけ建物そのものが映えるものだとしても、外構との釣り合いが取れないと、見栄えの良いものにはなりません。塗り壁は、建物の質感を損なわない重厚感や高級感を示すことができる上に、建物の外壁などの色とバランスの合う色を選んで構築することができるので、建物を引き立たせ、住居全体の見栄えを良くするのに効果的なのです。 また、最近では業者に依頼せず、自分で塗り壁を作りたいという人にとっても、材料の入手や実際の作業も便利で容易になってきており、コスト削減を目的に自ら作り上げるという人も増えています。